車内での飲食が原因の食べ物臭.

アウトドアや長距離ドライブが好きな人の車には、よく食べ物の匂いがついています。
特に、エアコンをつけたまま車窓を閉めて、香り高い食べ物を食べることが多い人は注意が必要です。
また、気づかぬうちに食べこぼしをフロアマットなどに落としているかもしれません。
これにより、ダニや菌が増殖し、臭いが染み付いてしまう原因となります。
また、仕事帰りなどに汗をかいたまま車に乗ることが多い場合には、シートに汗が染み込んでいる可能性もあります。
日々の積み重ねで、じんわりと汗や体臭の匂いがシートに染み込むことも車内の臭いの原因です。
汗だけでなく、香水や化粧水などの強い香りも、車の買い取り査定に影響することがあります。
シートの材質によっても異なりますので、吸収しやすい生地のシートかどうかも確認してみましょう。