家の売却では買主さんを探すのが大変だと聞いていましたが、・・・・

「地元の不動産会社に頼んで売却する、それが一番安心な方法かもしれない」と思っていましたが、自分でマンションを売る決断をしました。まず、買主さんを探すのが大変だと聞いていましたが、実際に売り出してみるとその通りでした。親身になってくれる不動産会社を選ぶことが重要だと感じました。地元の不動産会社は、私の希望や状況をしっかりと理解し、買主さんを真剣に探してくれました。別荘地であることもあり、高額での売却が期待できる一方で、売りたくない気持ちもありました。ただ、転勤が決まっていたため、早期に現金化する必要がありました。そのため、買取してもらう方法も検討しましたが、地元の不動産会社のサポートがあったため、自分で成約することができました。
売却にあたっては、買主さんを連れてきてくれる不動産会社が重要だと実感しました。利便性や住みやすさが金額に影響することも学びましたし、高値取引なら税金についても事前に知ることが重要だと感じました。結局、内覧の回数が増えるだけではなく、本当に買主さんが見つかるための工夫が必要だと痛感しました。不動産売却は、様々な要素が絡んでくるため、じっくりと準備を重ねることが大切だと痛感しました。
屋根をキレイにしたばかりなのに、離婚が決まり、家を売ることになった。買主さんは物件だけでなく住んだ後の生活についてもイメージしたいはずだ。内覧は5組ほど来て、5組目の購入希望者で決まった。不動産会社にも得意分野が異なり、専任媒介と一般媒介だと専任のが売れやすいと思った。家を売る際には手数料も発生する。仲介手数料の安さにつられないように注意した。新築だけでなく中古の需要も底堅いようだった。査定額だけで絶望するのは早い。仲介する不動産会社によっても売却額が変わるからだ。不動産売却は思った以上にストレスがたまることもあるが、最終的には新たなスタートを切るための一歩となる。

一戸建て住宅の売却相場・地域別