名古屋市西区の不動産売却

名古屋市西区の地域特性や人気のエリア
名古屋市西区は、引っ越しや相続などの理由で不動産の売却を考えている人も多い地域です。
不動産の売却は経験がない人にとっては難しいものであり、どこから始めればいいのかわからないという人もいます。
この記事では、名古屋市西区での不動産の売却の流れや相場、地域特性について詳しく説明します。
売却の流れを把握することで、始めるべき手続きが明確になります。
また、相場や地域特性を知らなければ、不動産を高く売却することは難しいため、確認しておくことが重要です。
さらに、不動産と一口に言っても、様々な種類があります。
例えば、土地(空き地や空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などがあります。
名古屋市西区は名古屋駅にも近く、リニア中央新幹線の開通も近いため、相場も変動しています。
不動産を高く売却するためには、需要を把握することがオススメです。
さて、名古屋市西区の地域特性や人気のエリアについても説明します。
名古屋市西区の特徴は、2023年10月1日時点での人口が151,108人で、世帯数は76,944世帯です。
住宅街だけでなく商業施設や工場地帯も存在します。
特に円頓寺商店街や庄内緑地公園は需要が高い地域です。
名古屋市西区は庄内川を挟んで北と南で地域特性が異なります。
北のエリアは工場や住宅街が多く、南のエリアは住宅地と商業地が混在しており、土地の価格も高くなっています。
ここ数年、地価の上昇要因の一つは、リニア中央新幹線が開通することによる影響も大きいです。
特に南側のエリアでは、名古屋駅に近いことから、「名古屋市西区名駅〇丁目」といった住所が存在し、影響が大きいです。
参考ページ:名古屋市西区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市西区の人気低いエリアの地価下落も考慮に入れて売却を検討しましょう
名古屋市西区の中で、人気の高いエリアは問題ありませんが、人気の低いエリアでは地価が下がる可能性もあります。
特に鶴舞線沿いで庄内通駅や浄心駅の周辺地域が人気です。
これらの地域は庄内川の南側に位置し、多くの人々に支持されています。
一方で、浅間町駅も南側にありますが、商業地が主で住宅地はあまりありません。
また、庄内通駅の次の駅である庄内緑地公園駅は庄内川を越えてしまうため、やや人気や価格が下がる傾向があります。
したがって、不動産を売却する際には名古屋市西区の相場や不動産価格を把握しておくことが重要です。
これにより、割安な価格で売り出してしまったり、逆に売れ残ってしまったりすることを防ぐことができます。