名古屋市東区の不動産売却

名古屋市東区の不動産相場と売却の流れ
名古屋市東区は、名古屋市の中でも面積が最も小さく、人口密度も高いエリアです。
名古屋駅や栄にアクセスが良く、ビジネス街も近くにあります。
そのため、通勤の便も良く、多くの人に魅力的な地域です。
このような名古屋市東区で不動産を売却する際には、どのような特徴があるのでしょうか。
不動産売却の相場は、物件の種類によって異なります。
土地の場合、広さや立地条件、用途などによって値段が決まることが一般的です。
空き家や中古住宅、中古マンションの場合は、築年数や設備の状態、周辺環境などが価格に影響します。
また、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などの場合も、用途や地価などによって価格が変動します。
名古屋市東区で人気のエリアは、大曽根駅周辺と白壁エリアです。
大曽根駅周辺は、名古屋市営地下鉄やバス、JR中央本線などのアクセスが良く、通勤や通学に便利な場所です。
また、商業施設やスーパーマーケットも充実しており、ナゴヤドームや図書館、公園などの施設が近くにあるため、ファミリーにも住みやすい環境です。
一方、白壁エリアは高級住宅街として知られており、名古屋市バスや名鉄瀬戸線などが通っています。
静かな住宅地であり、ファミリー層にも人気のエリアです。
不動産を売却する際の流れは、まずは不動産会社に査定を依頼します。
査定では、物件の情報や状態、立地条件などを評価し、適切な価格を提示してもらえます。
次に、契約と手続きを行います。
契約では、売却条件や手数料、引渡し日などを話し合い、契約書を作成します。
手続きでは、不動産の登記簿謄本や所有権移転に関する書類の提出が必要です。
最後に、引渡しと売買代金の受け渡しを行います。
引渡しの際には、物件の状態を確認し、トラブルのないように注意しながら行います。
以上が名古屋市東区の不動産相場と売却の流れの概要です。
不動産の売却を考えている方は、専門の不動産会社に相談して、より詳しい情報や具体的なアドバイスを受けることをおすすめします。
参考ページ:名古屋市東区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市東区の魅力
名古屋市東区は、利便性の高さが大きな魅力です。
例えば、名古屋市営地下鉄や名古屋市営バス、名鉄瀬戸線、ゆとりーとライン、JR中央本線といった交通手段が豊富に揃っています。
これらを利用すれば、どの方向に出かけるにしても交通の便に困ることはありません。
さらに、商業施設やスーパーマーケットも多数存在しており、生活に必要な日用品を手に入れるのも簡単です。
また、子供向けの施設や図書館、保育施設、学校なども充実しているため、ファミリーにとっても暮らしやすい環境です。
名古屋市東区の不動産市場の動向
名古屋市東区の不動産市場では、2023年の基準地価が1平方メートルあたり54万4,000円であり、1坪あたりの価格は179万8,347円となっています。
中古マンションの売却相場は平均で2,896万円から3,586万円の範囲であり、ただし不動産会社によって若干の差が見られます。
中古マンションの平均築年数は21年から26年ですが、取引数も多く需要がある傾向にあります。
一方、中古一戸建ての売却相場は5,200万円から20,890万円と幅広く、不動産会社によっても異なります。
築年数も19年から35年とバラつきがあり、取扱数も不動産会社によって異なる傾向があります。
中古一戸建ては中古マンションに比べて売却が難しい場合もあるため注意が必要です。
また、土地の売却相場は7,000万円台であり、不動産会社間の差は比較的少ないと言えます。