名古屋市南区の不動産売却

名古屋市南区の特徴と不動産市場について
名古屋市南区は、名古屋市の南部に位置し、面積は約18.46平方キロメートルあります。
このエリアは、昔ながらの風景が残る一方で、近代的な住宅も混在している街です。
不動産の種類も多岐にわたり、土地(空き地や空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などが存在しています。
この記事では、名古屋市南区で不動産の売却を考えている方に向けて、南区の特徴や契約件数、相場などの情報を詳しくご紹介します。
不動産売却の際の参考にしてください。
名古屋市南区の特徴
まずは、名古屋市南区の特徴について見ていきましょう。
自分の住んでいる場所の特徴を知ることで、不動産を売却する際に、購入希望者に対して魅力をアピールするポイントを把握することが重要です。
名古屋市南区の特徴をしっかりと把握し、スムーズな売却活動に備えましょう。
名古屋市南区の人口
名古屋市南区の人口は、2023年10月1日現在で131,459人、世帯数は63,061世帯です。
昭和初期から高度経済成長期にかけては、人口が急増しました。
これは、名古屋市の都市化が進み、南区にも多くの人が移り住んだためです。
しかし、1990年代以降は人口減少が続いています。
これは少子高齢化や都市部からの人口流出などの要因があります。
人口密度は7,121人/km²であり、名古屋市の区で、人口密度が比較的低いエリアとなっています。
また、南区の人口構成は高齢化が進んでおり、2019年10月1日現在で高齢化率は29.7%と、名古屋市全体で最も高い数値となっています。
将来的にも高齢化はますます進むことが予想されます。
名古屋市南区の歴史的特徴
愛知県名古屋市南区には歴史的な特徴もあります。
以下、その中から3つを紹介します。
参考ページ:名古屋市南区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
南区の歴史と発展
中世末期から近世初頭にかけて、南区は海に面した地域でした。
この地域は干潟の一部である年魚市潟を有しており、製塩業がとても盛んでした。
この地域で生産される塩は「前浜塩」として知られ、地域の人々に親しまれていました。
江戸時代に入ると、南区は東海道が通る重要な地域となりました。
熱田宮の宿から鳴海宿を結ぶ東海道は、南区を通っていたのです。
この東海道の存在が、南区の街の発展に寄与しました。
街道沿いには宿場町や商店街が形成され、南区はますます賑わいを見せるようになりました。
近代以降は、南区は産業の発展が著しかったです。
鉄鋼、金属、機械などの工場が進出し、南区は工業地帯として急速に発展しました。
その発展は現在でも続いており、南区は名古屋市の中でも主要な工業地帯の一つとなっています。
南区の地域の魅力は、その歴史的な背景とともに住みやすさにもあります。
商店街や公園など、地域には充実した施設が整備されています。
また、交通の利便性も良く、名古屋市内や周辺地域へのアクセスも良いため、生活面でも便利です。
さらに、工業地帯としての発展もあり、地域経済の活性化や雇用の機会も提供されています。
安心して住むことのできる、魅力的な地域と言えるでしょう。