名古屋市千種区不動産売却

名古屋市千種区での不動産売却の相場と人気エリアについて詳しく解説
名古屋市千種区で不動産売却を検討している方は多いかもしれませんね。
名古屋市千種区は、星ヶ丘や覚王山など魅力的なエリアがたくさんあります。
ただし、不動産の相場は一概には言えません。
なぜなら、不動産とは土地(空き地や空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田畑の農地、工場や工場跡地など、さまざまな種類があるからです。
そこで、この記事では名古屋市千種区で不動産売却をする際の方法や不動産会社の選び方などについて詳しく解説しています。
また、名古屋市千種区の特徴や売却の相場、さらには不動産を売却する際に知っておくべきポイントもまとめています。
不動産売却を検討し始めたら、この記事を読んで流れを理解した上で行動を開始すると良いでしょう。
参考ページ:名古屋市千種区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市千種区の不動産売却の相場
さて、名古屋市千種区の不動産売却の相場をご紹介します。
中古マンションの場合は、2,859万円から3,264.6万円の間で相場が設定されていますが、不動産会社によっても差がある点には注意が必要です。
なぜなら、中古マンションの売却価格は上昇傾向にあるため、物件売却を検討している方は、まずは一度査定を受けてみることをおすすめします。
また、中古一戸建ての場合は、4,800万円から9,486万円の相場が設定されています。
中古一戸建ての売却相場は取引件数が増えており、需要も高まっているようです。
名古屋市千種区で人気のエリア
さて、名古屋市千種区は人気のエリアが多い地域です。
現在の人口は、2023年10月1日時点で約165,101人で、世帯数は約88,652世帯です。
名古屋市千種区は、名古屋市営地下鉄東山線が通っており、名古屋駅や栄駅には乗り換えなしでアクセスできます。
特に覚王山駅や星ヶ丘駅周辺は、高級住宅地として知られています。
おしゃれなお店が立ち並び、教育に熱心な家族からの支持が高い地域となっています。
また、千種駅周辺には大手予備校があり、学生が多く見られます。
一方、今池駅周辺はショッピングが楽しめる場所であり、若者が主に集まる繁華街となっています。
以上が名古屋市千種区での不動産売却の相場と人気エリアについての詳細な解説となります。