名古屋市でマンションを売却する際の相場と確認すべき点

名古屋市でマンションを売却する際の相場と確認すべき点
名古屋市は、日本でも有数の大都市であり、2023年8月1日現在、約232万人が市内に住んでいます。
人口の増加により、マンションの需要も高まっており、売却が比較的容易な状況にあります。
ここでは、名古屋市でマンションを売却を検討している方々に向けて、売却価格の相場や確認すべきポイント、高く売るためのノウハウをご紹介します。
まず、多くの方が気になるのがマンションの売却価格の相場です。
実際にマンションがどのくらいの価格で売買されているのか、ご紹介しましょう。
2018年1月1日から2023年7月31日までの期間において、新築マンションの平均価格は4,996万円、平均坪単価は240.8万円でした。
また、間取りを無視した中古マンションの平均価格は2,820.9万円です。
これらはあくまで平均価格であり、エリアや築年数、間取りによってマンションの価格は変動します。
例えば、エリアによっては坪単価が一番高い中区では平均299.1万円、一番低い港区では142.3万円となっています。
新築マンションの価格が高いエリアほど需要があり、売却価格を決める上でもエリアごとの価格動向を知ることは非常に重要です。
また、築年数も価格に大きく影響する要素です。
参考ページ:名古屋市マンション売却の相場は?確認すべき点や高く売るコツ
不動産市場では、マンションの建物には耐用年数が定められており、木造の場合は22年、鉄筋コンクリートの場合は47年とされています。
この年数を超えると、建物の価値はゼロとされます。
以上のように、名古屋市でマンションを売却する際には、まず相場を把握することが重要です。
マンションの価格はエリアや築年数によって大きく変動するため、それらを考慮しながら売却価格を検討する必要があります。
また、マンションの売却を検討する際には、エリアごとの価格動向や築年数による価格変動を把握することも重要です。
マンションの耐用年数を過ぎた場合における売却価格の影響について
実際には、マンションが耐用年数を過ぎたからといって、寿命を迎えたわけではありません。
そのため、ある程度の価格で売却することは可能ですが、売却価格は下がってしまいます。
なぜなら、2019年12月時点でのマンションの相場価格と築年数の関係を考えると、新築時の価格を基準にすると、築10年で約15%、築20年で約35%、築30年で50%程度価格が減少しているからです。
ただし、築年数以外にも価格に影響を与える要素があるため、必ずしもこの数値通りになるわけではありません。
ただし、築年数を考慮しておくと大まかな相場を把握することができますので、それを参考にすると良いでしょう。