住宅ローンが滞った場合の対処法

住宅ローンが滞った場合の対処法
 家を購入して、幸せな生活を送っているが、物価の高騰などの理由で住宅ローンの返済が思うように進まず困っている方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、住宅ローンの返済が滞ってしまった場合に不動産を売却する方法をご紹介します。
住宅ローンの滞納による影響
 まずは、住宅ローンの返済が滞った場合にどのような影響があるのか、見ていきましょう。
最終的には不動産が差し押さえられ、競売にかけられてしまいますが、すぐに行われるわけではありません。
具体的な流れを見ていきましょう。
督促状の届き方
 住宅ローンの返済が滞った場合、おおよそ1ヶ月から2ヶ月程度で金融機関から督促状が届きます。
この督促状とは、返済期限までに支払いが確認されていない場合に、支払いを促すための書類です。
督促状が届き、未納分を支払える場合は、大きな問題にはなりません。
参考ページ:名古屋市で住宅ローンの支払いが滞った不動産を売却する方法は?
ブラックリスト登録の影響
 しかし、住宅ローンの返済が3ヶ月程度滞ってしまうと、信用情報機関のブラックリストに登録されます。
ブラックリストに載ると、新しい住宅ローンを組むことができなくなったり、クレジットカードを作ることができなくなったりする場合があります。
一括返済の要求
 さらに返済が滞り続けると、金融機関からは契約を継続できないと判断され、一括返済が要求されることがあります。
しかし、既に住宅ローンの返済が滞っているため、一括返済に応えることは難しいかもしれません。
その場合、法律によって、返済期限がなくなり、住宅ローンを借りた本人から保証会社に返済義務が移ることになります。
つまり、保証会社が残りの住宅ローンを代わりに支払ってくれますが、返済義務自体はなくなりません。
支払先が保証会社に変わるだけです。