中古住宅の売買における点検調査 点検調査とは何か?

中古住宅の売買における点検調査 点検調査とは何か? 点検調査とは、英語で「inspection」と言い、中古住宅を購入または売却する際に行われる建物の調査です。
これは、中古住宅の売買においてトラブルを未然に防ぐために非常に重要な要素です。
具体的には、中古住宅の劣化や欠陥を調査するだけでなく、修理が必要になる時期や見込まれる費用についてのアドバイスも提供します。
この点検調査を実施するのは、ホームインスペクターと呼ばれる専門家です。
ホームインスペクターには資格を持つ個人や建築士が含まれます。
一方、点検調査の依頼主は、主に中古住宅を売り出す売主です。
参考ページ:不動産中古物件購入時のインスペクションとは?メリットやデメリット
中古住宅を売却する際に建物の欠陥に気づかずに取引を行ってしまうと、引き渡し後に買主との問題が生じる可能性があります。
しかし、事前に点検調査を実施すれば、専門家による客観的な診断結果に基づいて、建物の状態を売り出し前に明確にすることができます。
そのため、点検調査は売却時のトラブルを防ぐための予防策として非常に有用です。
また、買い手が点検調査を依頼する際には、直接ホームインスペクターに質問し、アドバイスを受けることも可能です。
中古住宅市場における点検調査 近年、中古住宅市場において点検調査の重要性がますます高まっています。
この重要性の高まりは、法律の改正にもよります。
特に注目すべきは、2018年の民法改正により、売主には購入者に必要な情報を提供する義務が課されたことです。
つまり、売主は事故や欠陥について購入者に報告する必要があります。
この改正により、売主は建物の状態を十分に把握し、トラブルを未然に防ぐことが求められるようになりました。
そのため、点検調査はますます重要視されるようになっています。